検索

防災対策ニュース

6月~8月の中国地方、東北での豪雨被害を激甚災害指定に
グーグルが県、自治体と災害時協定
南海トラフ巨大地震 避難所はトリアージを導入 家庭の備蓄は「1週間以上」
災害時の安否情報サイトが連携先を拡大
地震調査研究推進本部発表。九州で大地震発生確率がきわめて高い
原子力災害対策指針 原子力規制委員会が改定案
海保、警察、陸自が東海3県の防災地図を共同で作製 
東京消防庁が災害時支援ボランティアを募集。
全国の市区町村を対象「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果を国土交通省が発表
「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果発表
震災から1年半、みんなの減災意識を震災前と比較検証
熊本市が「災害対策指揮室」を設置
「Jアラート」、訓練で不具合が発生
富士山噴火の可能性と被害予測の死者数最大40万人に
国の有識者会議が被害想定。南海トラフ地震、死者32万人
電話各社、災害用伝言板の「全社一括検索」に対応
国民の災害対策への意識高まる 内閣府調査
埼玉県で「地域の災害時外国人支援体制づくり事業」がスタート
節電マンションに補助 経産省、3年で最大2000棟
今冬の安定供給に備え新たに発電機80台 北海道電力
ヤフーが「防災速報」で放射線量や噴火警報の配信を開始
北海道、東北で震度3
災害弱者 進まぬ避難対策(千葉)
2012年8月1日 電力不足を予想|北海道電力、今冬の電力供給が3~4%の不足
2012年7月23日 養鶏場・家畜|農家の計画停電への発電機備え
2012年5月26日 太平洋・島サミット開幕 総理「防災対策に貢献」
2012年5月20日 市町村長会議:防災対策の要望相次ぐ
2012年4月25日 石油コンビナート 防災対策強化へ

地震への備え

①    家具類の転倒・落下・移動防止をしておこう

  • 家具やテレビ、パソコンなどを固定し、転倒・落下・移動防止措置をしておく。
  • けがの防止や避難に支障のないように家具を配置しておく。

②    けがの防止対策をしておこう

  • 避難に備えてスリッパやスニーカーなどを準備しておく。
  • 停電に備えて懐中電灯をすぐに使える場所に置いておく。
  • 食器棚や窓ガラスなどには、ガラスの飛散防止措置をしておく。

③    家屋や塀の強度を確認しておこう

  • 家屋の耐震診断を受け、必要な補強をしておく。
  • ブロックやコンクリートなどの塀は、倒れないように補強しておく。

④    消火の備えをしておこう

  • 火災の発生に備えて消火器の準備や風呂の水のくみ置きをしておく。

⑤    火災発生の早期発見と防止対策をしておこう

  • 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を設置しておく。
  • 普段使用しない電気器具は、差込みプラグをコンセントから抜いておく。
  • 電気やガスに起因する火災発生防止のため感震ブレーカー、感震コンセントなどの防災機器を設置しておく。

⑥    非常用品を備えておこう

  • 非常用品は、置く場所を決めて準備しておく。
  • 車載ジャッキやカーラジオなど、身の周りにあるものの活用を考えておく。

⑦    家族で話し合っておこう

  • 地震が発生した時の出火防止や初期消火など、家族の役割分担を決めておく。
  • 家族が離れ離れになった場合の安否確認の方法や集合場所などを決めておく。
  • 家族で避難場所や避難経路を確認しておく。
  • 普段のつき合いを大切にするなど、隣り近所との協力体制を話し合っておく。

⑧    地域の危険性を把握しておこう

  • 地域の防災マップに加えて、わが家の防災マップを作っておく。
  • 自分の住む地域の地域危険度を確認しておく。

⑨    防災知識を身につけておこう

  • 新聞、テレビ、ラジオやインターネットなどから、防災に関する情報を収集し、知識を身につけておく。
  • 消防署などが実施する講演会や座談会に参加し、過去の地震の教訓を学んでおく。

⑩    防災行動力を高めておこう

  • 日頃から防災訓練に参加して、身体防護、出火防止、初期消火、救出、応急救護、通報連絡、避難要領などを身につけておく。

※東京消防庁 地震に対する10の備えより



PageTop