検索

防災対策ニュース

6月~8月の中国地方、東北での豪雨被害を激甚災害指定に
グーグルが県、自治体と災害時協定
南海トラフ巨大地震 避難所はトリアージを導入 家庭の備蓄は「1週間以上」
災害時の安否情報サイトが連携先を拡大
地震調査研究推進本部発表。九州で大地震発生確率がきわめて高い
原子力災害対策指針 原子力規制委員会が改定案
海保、警察、陸自が東海3県の防災地図を共同で作製 
東京消防庁が災害時支援ボランティアを募集。
全国の市区町村を対象「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果を国土交通省が発表
「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果発表
震災から1年半、みんなの減災意識を震災前と比較検証
熊本市が「災害対策指揮室」を設置
「Jアラート」、訓練で不具合が発生
富士山噴火の可能性と被害予測の死者数最大40万人に
国の有識者会議が被害想定。南海トラフ地震、死者32万人
電話各社、災害用伝言板の「全社一括検索」に対応
国民の災害対策への意識高まる 内閣府調査
埼玉県で「地域の災害時外国人支援体制づくり事業」がスタート
節電マンションに補助 経産省、3年で最大2000棟
今冬の安定供給に備え新たに発電機80台 北海道電力
ヤフーが「防災速報」で放射線量や噴火警報の配信を開始
北海道、東北で震度3
災害弱者 進まぬ避難対策(千葉)
2012年8月1日 電力不足を予想|北海道電力、今冬の電力供給が3~4%の不足
2012年7月23日 養鶏場・家畜|農家の計画停電への発電機備え
2012年5月26日 太平洋・島サミット開幕 総理「防災対策に貢献」
2012年5月20日 市町村長会議:防災対策の要望相次ぐ
2012年4月25日 石油コンビナート 防災対策強化へ

災害時の準備用品リスト(家庭用)

自宅で用意しておくと安心なもの、便利なものをまとめました。リスト以外でもメガネやコンタクトをしている方は必ず予備を準備するなど個々に合わせた準備が必要です。

現在の日本では3日間生き延びれば何とかなると言われています。備蓄品は家族人数×3~4日を目処に揃えましょう。

◎家の備蓄品(基本)

○飲料水
1人1日3リットル×3~4日分
人間は3日間食べなくても大丈夫ですが水分を摂らないと脱水状態になり意識不明、最悪は死ぬ可能性もあります。水のペットボトルに少量の塩(味がしない程度で十分)を入れて摂取すれば基本的には大丈夫です。
※アルコールで水分補給出来ると思っている方がいますがアルコールを取ると利尿作用により体内の水分 が排出され、脱水症状状態になることがあります。ビールも同様ですので、水分が確保できない時は絶対に控えてください。

○非常食
保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など)。保存可能期間は長い物が良い(2年~5年を目安に)

○医薬品
常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、持病のある方はその病気のための薬(薬品名のメモも)
※小児、高齢者のいる家庭は別途必需品を用意

○衣類
重ね着の出来る衣類、防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロ

○ラップ
様々な利用方法がありますので多めに備蓄しておきましょう。
・紙皿にラップを敷いてお皿に
・ラップを紐状にし3本をみつあみにすれば、ロープの代用に
・包帯の上から巻いて汚れ防止に、腕を固定する三角巾に

○ゴミ袋(大きめで厚手のもの)
防寒具や雨具に早変わりします。何枚か重ねれば、水を運ぶタンクとしても利用できます。また、大急ぎで荷物をまとめる時は、とりあえず放り込んでまとめられる大バッグになって便利です。

○携帯電話&手動式充電器
携帯があれば連災害用伝言版の利用が出来、連絡もできますし情報も取れます。
停電時でも使える手動式充電器(ラジオと一体になっている物)があればいつでも充電できます。

◎停電時用
懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ(出来れば手動充電が出来るもの)、予備の電池

◎家の備蓄品(あると便利なもの)

○ネコ砂
断水した時一番困るのは実はトイレです。便器にゴミ袋をひろげそこにネコ砂(消臭剤・抗菌剤入り)を入れて用をたし、便や固まった砂を別の袋に移すことで快適になると思われます。

○LEDライト
大きな懐中電灯とは別に光量は少ないながら長持ちします。
100円ショップでも購入できる小型のものを人数分あると便利です。

○上履き
割れたガラスなどでケガをしまいように、靴ひものないゴム底のものを寝室においておきましょう。緊急時はそのまま避難することも出来ます。

○ウエットティシュ
手が洗えない状況ではとても役立ちます。またお風呂も当然入れないので
多めに入れておくと便利です。

○水の要らないシャンプー
色々な会社から発売されていますが体も洗えるものが便利です。

○災害用シート(レスキューシート)
ペット素材にアルミ蒸着したもの、安価でコンパクトなので人数分+αを揃えておきましょう
冬の体温の低下対策としては、かさばらず雨風を遮断してくれるので毛布などより役立ちます。
(100円ショップでも購入できます)

○発電機
出来れば家一軒をカバーできるものが望ましいですが、小型のものでもあるとものすごく便利です。ポータブル発電機は連続運転時間が短く、容量も小さいのでエアコンや暖房、IH調理器等は、ほぼ使えないですが明りや扇風機、、TV、パソコンなどは充分動きます。短時間でも夜に明かりがあり情報を取れるということは本当に安心感があり、かつ便利です。
◎避難所への持ち込み用グッズ
着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類、スプーン

◎緊急時の避難・救助用
笛、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の工具

◎長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)
燃料、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)、固形燃料、調理用具、非常用給水バッグ、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート 断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は必須)、紙製の使い捨て下着、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)

○役に立つ日用品
布粘着テープ(油性マジックを使ってメモに使用したり、ガラスの破片を取るときに利用できる)、梱包用ひも、風呂敷、ダンボール
◎非常持ち出し袋にいれておくもの(一次持ち出し品)
飲料水(500mlペットボトル数本)
非常食(菓子類・ゼリー状の食品)
医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)
簡易食器セット(家族分)
衣類(防寒具)懐中電灯
携帯ラジオ 電池 現金(10円玉も)
貴重品(現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など)
ローソク・マッチ・ライター
ロープ・ビニールシート・雨具
ナイフ、ハサミ、タオル(大小)
洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ ビニール袋
携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具
◎災害時にあると便利なもの(二次持ち出し品)
裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、サバイバルシート、折り畳みポリタンク、車輪付き旅行バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、 小型バイク 、キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)、非常用浄水器(町内会やマンション自治会などで用意)
◎避難所であると快適に過ごせるもの
耳栓、安眠マスク、携帯マクラ、菓子類



PageTop