検索

防災対策ニュース

6月~8月の中国地方、東北での豪雨被害を激甚災害指定に
グーグルが県、自治体と災害時協定
南海トラフ巨大地震 避難所はトリアージを導入 家庭の備蓄は「1週間以上」
災害時の安否情報サイトが連携先を拡大
地震調査研究推進本部発表。九州で大地震発生確率がきわめて高い
原子力災害対策指針 原子力規制委員会が改定案
海保、警察、陸自が東海3県の防災地図を共同で作製 
東京消防庁が災害時支援ボランティアを募集。
全国の市区町村を対象「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果を国土交通省が発表
「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果発表
震災から1年半、みんなの減災意識を震災前と比較検証
熊本市が「災害対策指揮室」を設置
「Jアラート」、訓練で不具合が発生
富士山噴火の可能性と被害予測の死者数最大40万人に
国の有識者会議が被害想定。南海トラフ地震、死者32万人
電話各社、災害用伝言板の「全社一括検索」に対応
国民の災害対策への意識高まる 内閣府調査
埼玉県で「地域の災害時外国人支援体制づくり事業」がスタート
節電マンションに補助 経産省、3年で最大2000棟
今冬の安定供給に備え新たに発電機80台 北海道電力
ヤフーが「防災速報」で放射線量や噴火警報の配信を開始
北海道、東北で震度3
災害弱者 進まぬ避難対策(千葉)
2012年8月1日 電力不足を予想|北海道電力、今冬の電力供給が3~4%の不足
2012年7月23日 養鶏場・家畜|農家の計画停電への発電機備え
2012年5月26日 太平洋・島サミット開幕 総理「防災対策に貢献」
2012年5月20日 市町村長会議:防災対策の要望相次ぐ
2012年4月25日 石油コンビナート 防災対策強化へ

発電機について

今の時代、電気がないと使えないものばかり
テレビにパソコン、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジとざっとあげてみても、普段家の中で使用している便利な道具は電気がないと使うことができない物ばかりです。
携帯電話だって充電しなかったら、使うことができません。
物を自動で動かすにはエネルギーが必要です。電気というのは、コンセントをつなげば簡単にそのエネルギーを利用することができるという非常に便利なものなのです。
その為、停電や、コンセントが無いような場所では電化製品というのは利用することができなくなってしまいます。
そんな停電した時やコンセントが無いような場所でも、電気を作り出して電化製品を使えるようにしてくれるアイテムが、発電機なのです。
発電機とは?
機械的エネルギーを電磁作用により電気エネルギーに変換し,電力を得る電気機械のことです。
直流を得るには直流発電機,交流を得るには同期発電機,誘導発電機が用いられます。このうち,同期発電機がもっとも一般に用いられ,電力会社の発電所用100万kVAを超える大容量機から,工事用や病院などの非常電源用の数kVAまで,各種各様のものが作られています。
発電機の活躍
パソコンと聴診器
東日本大震災に伴う停電や、東京電力などによる計画停電の際、公共施設や通信設備、病院など、24時間停止が許されない施設に必要な電力を供給しました。なかでもサーバーやルーターなど大量の業務用IT機器が設置されているデータ・センターでは、UPSの稼働により停電時もシステムをダウンさせずに過ごすことが出来たのです。
発電機の組み合わせ
発電機とUPS(無停電電源装置)を組み合わせることで、停電発生時は重要なシステムへの給電維持を行い、一方、節電できる所には電気の供給を止めることで、長時間の給電維持を行うことが可能になります。


PageTop