検索

防災対策ニュース

6月~8月の中国地方、東北での豪雨被害を激甚災害指定に
グーグルが県、自治体と災害時協定
南海トラフ巨大地震 避難所はトリアージを導入 家庭の備蓄は「1週間以上」
災害時の安否情報サイトが連携先を拡大
地震調査研究推進本部発表。九州で大地震発生確率がきわめて高い
原子力災害対策指針 原子力規制委員会が改定案
海保、警察、陸自が東海3県の防災地図を共同で作製 
東京消防庁が災害時支援ボランティアを募集。
全国の市区町村を対象「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果を国土交通省が発表
「地震時等に著しく危険な密集市街地」の調査結果発表
震災から1年半、みんなの減災意識を震災前と比較検証
熊本市が「災害対策指揮室」を設置
「Jアラート」、訓練で不具合が発生
富士山噴火の可能性と被害予測の死者数最大40万人に
国の有識者会議が被害想定。南海トラフ地震、死者32万人
電話各社、災害用伝言板の「全社一括検索」に対応
国民の災害対策への意識高まる 内閣府調査
埼玉県で「地域の災害時外国人支援体制づくり事業」がスタート
節電マンションに補助 経産省、3年で最大2000棟
今冬の安定供給に備え新たに発電機80台 北海道電力
ヤフーが「防災速報」で放射線量や噴火警報の配信を開始
北海道、東北で震度3
災害弱者 進まぬ避難対策(千葉)
2012年8月1日 電力不足を予想|北海道電力、今冬の電力供給が3~4%の不足
2012年7月23日 養鶏場・家畜|農家の計画停電への発電機備え
2012年5月26日 太平洋・島サミット開幕 総理「防災対策に貢献」
2012年5月20日 市町村長会議:防災対策の要望相次ぐ
2012年4月25日 石油コンビナート 防災対策強化へ

災害問題について

ペットの為の災害対策

災害が起こった時、人命を守り、救うことが最優先されます。
時に被災動物は二の次にされたり、放置されることも仕方がなと割り切らなければいけない事もあるかもしれません。
避難所ではペットの持ち込みが制限されたり、ペット用の食事が手に入らないということも考えなければいけません。
ペットの為に何ができるのかを考え、備えておくことがペットを守ることに繋がります。
○基本的な備え
災害時には何が起こり、どのようになるかが解りません。
特にペットに関しては自分の意志ではなく優先順位が決められますので
また、ペット用の救援物資は届くまでに時間がかかります。
避難時には人間用の食料もままならず、内容を選べない状況が続くことでしょう。
ですので、ペット用の避難用品は1週間を目安に揃えておきましょう。
・ペットフード、水、薬、糞尿の処理用品、ケージやキャリーバック等
他にペットの写真、ワクチン接種証明書、既往症などが判る飼育手帳、。
リード、ペット用のタオル、ペットの写真など。
犬については、犬鑑札及び狂犬病予防注射済票を装着又は持ち出しましょう

首輪やハーネスを付けられ場合には飼い主の連絡先などの情報を
入れておきましょう。ペット用マイクロチップも有効です。

 

災害時の準備用品リスト(家庭用)

自宅で用意しておくと安心なもの、便利なものをまとめました。リスト以外でもメガネやコンタクトをしている方は必ず予備を準備するなど個々に合わせた準備が必要です。

続きはこちら »

災害時の準備用品リスト(会社用)

人命を優先に3日間を生き延びるという点では基本的には家庭用と同じですので家庭用を参照してください。
ただし、会社には絶対に守らなければいけないもの、寸断してはいけないものがあります。

続きはこちら »

懸念される災害①首都直下型地震

懸念される災害①首都直下型地震

首都直下型地震(東京湾北部地震)

震度7以上
4年以内に50%の確率、30年以内では83%以下
建物全壊・焼失棟数 最大85万棟
最大死者11000人

続きはこちら »

懸念される災害②東海東南海地震

懸念される災害②東海東南海地震

東海地震、東南海地震が単独または2連動する場合の地震
近年起こりえる可能性が高い

続きはこちら »

懸念される災害③南海トラフ巨大地震

懸念される災害③南海トラフ巨大地震

今後30年以内の発生確率をみると、東海地震は88%、東南海は70%程度、南海地震は60%程度が連動した場合に起こる連動地震と呼ばれるものです。

続きはこちら »

懸念される災害④日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震

懸念される災害④日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震

日本海溝・千島海溝周辺で発生する海溝型地震のうち、防災対策上対象とすべき地震について検討した結果下記の地震区分となった

続きはこちら »

災害への備え

①    心構え :私たちが今出来ることは、まず自分自身が被災者になる可能性があるということを認めることです。

続きはこちら »

地震への備え

津波への備え

津波への備え

  • 地震を感じたらすぐに避難しよう
    地震を感じたときは、すぐに海岸から離れ、安全な場所に避難しましょう。弱い地震であっても、大きな津波を発生させる場合もあります。油断してはいけません。
  • 続きはこちら »



PageTop